お問合せ
トップお知らせ > 最近のできごと(令和6年1月)

最近のできごと(令和6年1月)

1月26日に津山市長を表敬訪問し全国高専体育大会の結果報告を行いました

Dekigoto 2024-01-26 Tsuyamashichou Hyoukei Houmon

 1月26日(金)に、本校ラグビー部の学生が津山市長を表敬訪問し、全国高専体育大会の結果報告を行いました。
 今回は、ラグビー部の5年生5名が訪問し、大会でのエピソードや感想等を交えながら大会結果を津山市長へ報告しました。
 津山市長からは、今後のラグビー部の活動について、そして就職・進学する学生に向けての激励のお言葉をいただきました。

1月25日に寮生バイキングが開催されました

Dekigoto 2024-01-25 Ryousei Baikingu

 1月25日(木)に4年ぶりに寮生バイキングが開催されました。
 1年生から4年生までは入学後初めて、5年生以上は久しぶりの寮生バイキングでお腹いっぱいになるまで夕食を楽しみました。

1月24日から26日に開催された国際会議にて本科生と専攻科生が研究成果を発表しました

Dekigoto 2024-01-24 AROB 2024

 1月24日(水)から1月26日(金)にかけて別府市B-con PLAZAで開催された、人工知能やロボティクスに関する国際会議”The joint symposium AROB-ISBC-SWARM2024”に本科生と専攻科生が参加しました。
 この会議にでは、58のセッションにおいて292件の発表が行われ、9か国からの参加者が英語で発表と議論を行いました。
 この他にも4件のプレナリートークもあり、最新の知見やこれからのAIの展望、宇宙空間でのロボティクスなど、知的好奇心を高める講演がなされました。
 津山高専から参加したプンくん(機械システム系5年、細谷研究室)はオンサイトで、楢村くん(専攻科機械・制御システム工学専攻2年、野中研究室)はオンラインで以下の発表を行いました。

Dekigoto 2024-01-24 AROB 2024

  著者:Poon Manakijsirisuthi, Kazunori Hosotani, Ryoji Oya
  題目:An Experimental Study of Flow Structure Around the Oral Arms of a 2D Pneumatic-driven Jellyfish-like Model for the development of an underwater debris-collecting robot

  著者:Kenta Naramura, Shogo Nonaka
  題目:Evaluation Functions for Switching Methods in Gait Transitions of Quadruped Robots

Dekigoto 2024-01-24 AROB 2024

 プンくんは生体模倣ロボットのセッションでクラゲ型ロボットに関する発表を行い、楢村くんはバイオミメティック・マシンとロボットのセッションで四脚ロボットの歩容遷移に関する発表を行いました。
 学生たちは、レベルが高い発表が多い中、日頃取り組んでいる研究成果を発表することができました。
 英語での質疑応答にも的確に答えることができ、大きな自信につながりました。
 写真は、会場で発表する学生の様子です。

1月23日に労働安全衛生規則第15条に基づく「産業医による職場巡視」を実施しました

Dekigoto 2024-01-23 Shokuba Junshi

 津山高専では、教職員の安全意識の向上と職場環境の改善に取り組んでいます。
 労働安全衛生規則第23条に基づき、毎月1回安全衛生委員会を開催し、その後、安全・衛生という観点で各職場の巡視を行っています。通常業務時や災害発生時の事故の未然防止もその目的の一つです。
 今月の23日(火)に今年度第10回目の職場巡視を実施しました。今回の巡視は、「寄宿舎食堂棟1F事務室」、「当直室」及び「カウンセリングルーム」において行われました。
 巡視の結果、使用していない台車を適切な場所へ移動や全般的に整理整頓するよう寮務係へ要請しました。
 このように定期的に巡視することで事故等を未然に防ぎ、危険を予測し不要物の撤去を依頼するなど、教職員の安全で衛生的な活動場所を確保しながら、お互いに安全意識を高める努力をしています。

1月23日に令和6年度入学者選抜試験(推薦選抜)の合格内定者を発表しました

Dekigoto 2024-01-23 Goukaku Naiteisha Happyou

 1月23日(火)9時に、津山高専掲示板において、令和6年度入学者選抜試験(推薦選抜)の合格内定者96名を発表しました。
 左の写真は、掲示板の受験番号を確認される関係者のようすです。

1月22日に先端技術特別講義が実施されました

Dekigoto 2024-01-22 Sentan Gijutsu Tokubetsu Kougi

 1月22日(月)に合併教室で、専攻科の第7回先端技術特別講義が、ボランティアレクチャーとして実施されました。
 講師は東芝デジタルソリューションズ株式会社の方で、次のテーマで講演されました。
 「メタバースは未来の仕事を創造するか?」
 東芝デジタルソリューションズ株式会社
 デジタルエンジニアリングセンターCXMソリューション部技術課マネージャー 兼
 O&M・IoTソリューション&サービス部技術課エキスパート
  新谷 文隆 様
 同社  ICTソリューション事業部 ifLink推進室 スペシャリスト
  中村 圭策 様
 まず、前半は新谷様からご講演いただきました。  メタバースはインターネット上に仮想的につくられたコミュニケーション空間であり、その空間では特定の支配者がおらず誰もが主権を持つクリエイターになれる場であることのご指摘をいただきました。
 さらにメタバースがもつバリューチェーンや市場規模の大きさから、その経済効果は2030年にはグローバルで140兆円前後になると予測されていること、現状でのメタバース活用例や分散型自律組織コミュニティのご紹介をいただきました。
 その後の、メタバース体験ワークでは、受講者は、アバターを通して仮想空間で実際に活動をする経験をしました。
 次に、後半は中村様からメタバースの今後の可能性についてご講演いただきました。
 メタバース活用のメリットとして、現実空間で出来ない体験ができること、世界中の人とオンラインで、リアルタイムにつながれることなどが挙げられ、将来的に大きな可能性があるとのお話がありました。
 一方、課題として、技術・価格、身体への影響、社会と法整備などがあげられることのご紹介がありました。
 特に、「技術・価格」に関しては、多入力同時接続可能なネット環境と高スペックPCが必要であること、没入感のある体験のために視覚・聴覚に加えて嗅覚・味覚・触覚を仮想化することが期待されていること、長時間の利用でも負担にならない小型で軽量なデバイスの開発が求められていることのお話をいただきました。
 質疑応答では、学生からIT技術利用に関する世代間格差の存在についての具体的な質問もありました。
 最後になりましたが、先端のオンラインコミュニケーション技術を短時間でわかりやすく説明していただきました新谷、中村様に、さらに本講演会を準備くださいましたつやま産業支援センターの皆様に、お礼申し上げます。

1月20日に公開講座・化学実験教室を開催しました

Dekigoto 2024-01-20 Kagaku Zikken Kyousitsu

 1月20日(土)に本校の化学実験室で公開講座が開催されました。
 内容は化学実験教室「今年度ラストはゲルだ!スライムだ!」で、指導は本校の廣木准教授と先進科学系3年の学生たちです。
 今回はこれまでの参加者のリクエストを実現する形での実験教室です。
 単なるおもちゃととらえがちな「スライム」 実は化学的にはゲルという存在。
 何を原料に、なぜできるのか、実際にスライムや高吸水性ゲルをつくって、触って、遊んでみて楽しみました。
 今回も五感をフル活用して化学実験を満喫し、有意義な午後を過ごしました。

1月20日・21日のたたらサミット島根でたたら製鉄を行ってきました

Dekigoto 2024-01-20 Tatara Seitetsu

 1月20日(土)・21日(日)の日程で開催されたたたらサミット島根に参加してきました。
 20日は松江テルサで各団体のたたら操業の紹介の内のひとつとして本校でこれまでに開催してきたたたらの公開講座の紹介、21日は県立松江南高校で逗子開成高校、横田・松江南高校合同チーム、斐川西・吉田中学校合同チーム、津山高専・まんぞくたたら(一般)合同チームとしてたたら操業を行ってきました。
 この日は朝からの雨天で生憎の天気での実施でしたが各グループ協力しながら、無事にイベントを終えることができました。
 今後も県内外で交流を深めあいながら楽しみながら学べるコンテンツを提供(協働)していきます。

1月19日に第7回学びのジャンクション~異分野交流セミナー~が開催されました

Dekigoto 2024-01-19 Manabi no Junction

 1月19日(金)に東北大学の村上教授を招いて学びのジャンクションが開催されました。
 学びのジャンクションは本校で不定期に開催される全教職員・学生対象に行われる参加自由の講演会で、今回は~素材産業のカーボンニュートラルを目指して~をテーマに昨今の環境事情を絡めて鉄鋼プロセスへの工夫などの取り組みにかかわる研究紹介の他、本校学生が進学したときを想定して大学・大学院生の一日の紹介や奨学金事情等も紹介していただきました。
 講演会の後は学生が講演の先生を取り囲み、積極的に質問してくれるなど学生の心に響く講演会となりました。

1月18日に情報工学科OBによる国際交流講演会を実施しました

Dekigoto 2024-01-18 Kokusai Kouryuu Kouenkai

 国際交流センターでは、国際コミュニケーション能力の向上やグローバルマインドの育成を目的として、校内研修会を開催しています。
 今回は、1月18日(木)に2005年度に情報工学科を卒業され、現在エスタカヤ電子工業株式会社にて半導体製造に携わっていらっしゃる福元孝太氏を講師としてお招きしました。
 福元氏は、現在携わっていらっしゃるお仕事の内容から、ベトナムにあるSAIGON-STECの紹介、経済成長を続けるベトナムの人や街の活気や温かさなどご自身の経験をお話しくださいました。

Dekigoto 2024-01-18 Kokusai Kouryuu Kouenkai

 また、ベトナムでは、エンジニアとしてだけではなく、管理職としての業務も経験されたことから、何事にも挑戦することの重要性にもふれられました。
 最後に、「コミュニケーションは誠実さ、異なる文化を理解しようという気持ちが大事」であることをお話しされ、学生たちを激励くださいました。
 学生たちは興味深く聞いており、質疑応答の時間には、たくさんの質問が飛び出しました。福元氏はそれらの質問にひとつひとつ丁寧に回答くださっていました。

1月17日に "After School English" を開催しました

Dekigoto 2024-01-17 After School Engline

 1月17日(水)に"After School English"を開催しました。
 今回は、倉敷芸術科学大学からネパール出身の留学生2名と岡山大学からベトナム出身の留学生1名が参加しました。
 イベントでは、本校の学生アンバサダーの4年生が司会進行を務めました。
 まず、留学生の自己紹介から始まり、その後5グループに分かれて今月の企画「マジョリティゲーム(多数派ゲーム)」を英語で行いました。
 スライドに書かれているお題(質問)に対して、ボタンを押すか押さないかを決めて見事多数派となったプレイヤーが勝利するゲームです。

Dekigoto 2024-01-17 After School Engline

 例えば「(このボタンを押すと)今後、電車では必ず席に座れるようになるが、バスでは必ず立つことになる。」という質問に対し、各プレイヤーはボタンを押すか押さないかを選び、各グループごとにどちらが多数派か競っていく企画です。
 参加者はなぜその選択をしたのかなど留学生に質問したり、イベントは非常に盛り上がっている様子でした。
 今年度最後となるイベントでしたが、参加者は非常に楽しんでいる様子でした。
 "After School English"は次年度も開催予定となっているので、ぜひまたよろしくお願いします。
 参加いただいた皆様ありがとうございました。

1月17日に総合理工学科1年生4クラス合同でメタバースの講義を実施しました

Dekigoto 2024-01-17 Metaverse Kougi

 1月17日(水)14:40から総合理工学科1年生4クラス合同でのLHRでメタバースの講義を多目的ホールで実施しました。
 講師はNTTコミュニケーションズ株式会社の金子様で、インターネット上に仮想的につくられた、いわば現実を超えたもう1つの世界の”メタバース”についてゲームの事例や実際に開発されたメタバースのアプリケーションを使用しながら分かりやすく説明していただきました。
 メタバースは今後教育や医療など様々な分野に応用することが期待されており、将来的に我々の生活に大幅な技術革新を起こす可能性のある技術です。
 学生からも現在話題となっている離れていても味が分かる研究とメタバースとの関係について等切れ味鋭い質問が飛び出し、大変有意義な講義となりました。

1月16日に令和6年度入学者選抜試験(推薦選抜)を実施しました

Dekigoto 2024-01-16 Nyuugakusha Senbatsu

 1月16日(火)に、本校と岡山シティホテル桑田町別館の2会場において、令和6年度入学者選抜試験(推薦選抜)を実施しました。
 志願者は緊張した面持ちで、作文試験と面接試験に臨みました。
 なお、合格内定者の発表は1月23日(火)です。

1月15日に津山商工会議所による校内視察研修が実施されました

Dekigoto 2024-01-15 Tusyama Shoukou Kaigisho Shisatsu

 1月15日(月)に、本校の人材育成の現状や先進的な取組みについて意見交換することを目的に津山商工会議所による校内視察研修が実施されました。
 研修の前半では実習工場やマルチパーパスルーム、情報演習室等で行われている実験や演習の様子を見学し、本校が所有している金属加工が可能な3Dプリンターや3Dスキャナー、電子顕微鏡等今後機器利用が可能となる設備の見学を行いました。

Dekigoto 2024-01-15 Tusyama Shoukou Kaigisho Shisatsu

 後半では本校の学校紹介に続いて総合理工学科先進科学系前澤准教授と総合理工学科機械システム系井上教授による研究紹介を行いました。
 今回の研修では、本校の教育・研究や設備を幅広く紹介することができ、大変内容の充実した校内視察を実施することができました。

1月14日に津山市宮尾地域で開催された「Welcome to Tsuyama留学生交流・サポート事業~とんど焼き体験~」に本校の留学生が参加しました

Dekigoto 2024-01-14 Ryuugakusei Kouryu Support Zigou

 1月14日(日)に津山市宮尾地域で開催された「Welcome to Tsuyama留学生交流・サポート事業~とんど焼き体験~」に本校の留学生が参加しました。
 当日は最初に書き初めを行い、留学生たちは思いを込めて書いていました。
 留学生の中には、筆を使って書くことが初めての学生もいましたが、皆さん上手に書くことができました。

Dekigoto 2024-01-14 Ryuugakusei Kouryu Support Zigou

 その後、それぞれの書き初めを火にくべ、とんどを体験しました。
 書き初めは炎で高く燃え上がり、これからも日本語を上手に書くことができることでしょう。
 留学生の皆さんにとって、日本の文化を体験する大変有意義な時間となりました。
 本事業にご協力いただきました皆様に深く御礼申し上げます。

1月13日に6回目のつやまSTEAM人材育成塾(第1期)を開催しました

Dekigoto 2024-01-13 Tsuyama STEAM Zinzai Ikusei Juku

 1月13日(土)に、1期生を対象にした第6回目のつやまSTEAM人材育成塾を実施しました。
 つやまSTEAM人材育成塾は、科学技術に対する強い興味があり優れた能力を持った児童生徒を対象に、STEAM教育の考え方を取り入れて、その能力の更なる伸長を図る体系的な取り組みです。
 今回は、日本技術士会岡山県支部副支部長の分部氏、および女性技術者のロールモデルとして西本氏、小野氏を講師としてお迎えし、「理数系学びのジェンダーギャップの解消」をテーマに講演いただきました。
 講演では、講師の方が目指してきたもの、やりがい、困難(ジェンダー関連)に対して対処対応したこと、現在の状況などについてお話いただいた後、「ジェンダーギャップについて考えてみよう」・「自分のこと(将来の夢)について考えてみよう」のワークシートを使ってディスカッションを行いました。
 受講生は、身近なジェンダーギャップや将来の夢について考え共有することで、自分の職業選択について自由にして良いということがイメージできたようです。

Dekigoto 2024-01-13 Tsuyama STEAM Zinzai Ikusei Juku

 続けて、先進科学系の前澤先生とその研究室の学生の指導の下で、生物実験「プラナリアの実験」の講座を実施しました。
 扁形動物プラナリアは驚異的な再生能力で有名で、清流に生息し、岡山県北でも野外で見つけることができます。
 興味深いことに、野外では、大多数である茶色の個体に加えて、緑色や黄色などカラフルな個体も観察することができます。
 今回は、茶色のプラナリアに赤や緑の乾燥レバーを食べさせることで、プラナリアがその色に変化することを実体顕微鏡を使って観察しました。
 そのような色の変化が自然界で生じる謎を解き明かし、それにより、プラナリアとヒトの体制の違いを理解すると共に、動物の進化を垣間見ることができました。
   写真は、理数系学びのジェンダーギャップの解消講座と生物実験のようすです。
 本活動は、国立研究開発法人・科学技術振興機構(JST)の助成を受けて実施しています。

1月10日~12日に寮生ドッジボール大会が開催されました

Dekigoto 2024-01-10 Ryousei Dodge Ball Taikai

 1月10日(水)~12日(金)に寮生ドッジボール大会が開催されました。
 各寮棟各階の寮生などでチームを組み、トーナメント戦を行いました。
 お互いに怪我をしないように注意しながらも熱意を持って楽しく大会に臨んでおりました。
 新年早々に寮生同士での絆を深め、リフレッシュすることができたと思います。

1月9日に寮生集会を実施しました

Dekigoto 2024-01-09 Ryousei Shuukai

 1月9日(火)19時40分から第二体育館にて寮生集会を実施しました。
 寮務主事および寮生会長から、寮生活における注意事項や連絡事項についてお話がありました。

1月2日に卓球部OB会が開催されました

Dekigoto 2024-01-02 Takkyuubu OBkai

 1月2日(火)に、卓球部OB・OG会が開催されました。
 今回の参加はOB9名、現役学生10名、顧問・コーチ3名の合計22名でした。
 今大会も、現役・OBを混成した4チームによる団体戦で勝敗を競いながら、互いの交流を図りました。
 左の写真は試合前に撮影した集合写真です。
 コロナ禍の影響で久しぶりの開催となりましたが、とても楽しいイベント開催となりました。