必要経費関連

必要経費関連

入学するときに必要な諸経費

費目 金額 備考
入学料 84,600円  
授業料 別表のとおり  
教科書代金 約26,000円  
教材・その他 約80,000円 製図用具、実習服、
体操服、後援会費等
合計  約310,000円  

授業料

授業料
(前期分)
就学支援金 本人負担
市町村民税所得割額 支給額
117,300円 30万4200円以上 0円 117,300円
15万4500円以上~30万4200円未満 59,400円 57,900円
5万1300円以上~15万4500円未満 89,100円 28,200円
0円(非課税)~5万1300円未満 117,300円 0円

寮に要する費用(月額)

令和2年4月1日現在

費用 金額 備考
寄宿料 700円 個室800円
寮費 9,500円 光熱水料等
給食費 33,000円程度 月毎の日数に応じて異なる
空調経費 25,000円 年額

授業料等の免除

  • 入学料免除
     次の理由により、入学料の納付が著しく困難であると認められる者には、入学料免除(半額または全額)の制度があります。
    (1)入学前1年以内の期間に、入学する者の学資を主として負担している者が死亡し、または風水害等の災害を受けた場合
    (2)上記に準ずる場合で、校長が相当と認める事由がある場合
  • 授業料免除
     経済的な事由により、授業料の納付が困難であり、かつ学業優秀と認められる者には、授業料免除(半額または全額)の制度があります。
     対象は本科4,5年生および専攻科生です。

奨学金

  • 日本学生支援機構
     日本学生支援機構の規定により、学業、人物共に優れ、学資の支弁が困難であると認められる者には、下記の区分に従って奨学金が貸与されます。
  • その他
     岡山県、岡山市等の地方公共団体や民間団体の奨学金制度もあります。

〇 日本学生支援機構の奨学金制度に、新しく給付型の奨学金制度が制定されました。
  学校からは2名程度の推薦となります。募集については、基準に該当する者に個別に行なう予定です。
  日本学生支援機構給付奨学生の推薦基準(PDFファイル)

奨学生

区分 月額
日本学生支援機構(第1種)(1~3年) 10,000円
21,000円(自宅)
22,500円(自宅外)
日本学生支援機構(第1種)(4,5年) 30,000円(自宅)
45,000円(自宅)
51,000円(自宅外)
日本学生支援機構(第1種)(専攻科) 30,000円(自宅)
45,000円(自宅)
51,000円(自宅外)
日本学生支援機構(第2種)(4年~専攻科) 30,000円他
中西奨学会 13,000円
あしなが育英会 25,000円
兵庫県高等学校教育振興会 23,000円
岡山県育英会 18,000円(自宅)
23,000円(自宅外)
小松奨学財団 25,000円

注1:第2種の貸与月額は3万,5万,8万,12万円の中から選択できます。
注2:第1種は無利子返還ですが、第2種は有利子返還です。

高等教育の修学支援新制度

 高等教育の修学支援新制度は、大学等における修学の支援に関する法律の公布・施行により、令和2年度以降、大学・短大・高等専門学校、専門学校における修学の支援のための取組として、機関要件の確認を受けた機関に入学する新入生や同機関の在学生を対象とした給付型奨学金の支給や授業料・入学金の減免措置が行われるものです。
 本校も、文部科学大臣に対して機関要件の確認申請を行い、支援対象機関として認定されています。
 大学等における修学の支援に関する法律第7条第1項の確認に係る申請書(様式第2号)を公表します。
  確認申請書(PDFファイル)