情報公開

数理・データサイエンス・AI教育プログラム

 津山工業高等専門学校では、令和3年度以降に本科第1学年に入学するすべての学生に対し、リテラシーレベルの数理・データサイエンス・AI教育プログラムを実施しています。

本教育プログラムの目的

 本教育プログラムにより、学生の数理・データサイエンス・AIへの関心を高め、かつ、数理・データサイエンス・AIを適切に理解し、それを活用する基礎的な能力を育成します。

本教育プログラムの規程と概要

数理・データサイエンス・AI教育プログラムの実施に関する規程 取組概要

実施体制

委員会等役割
校長運営責任者
教務委員会教育プログラムの運営・計画・改善
教育システム点検委員会教育プログラムの自己点検・評価

修了要件と科目対応表

 以下の表に定める対象科目をすべて履修した学生に対して、津山工業高等専門学校「数理・データサイエンス・AI教育プログラム(リテラシーレベル)」の修了を認定します。対象科目は必修科目、または必履修科目で構成されており、卒業と同時に修了の認定を得られるプログラムとなっています。
 授業の方法および内容は、各科目のリンク先の高専Webシラバスにおいて公開しています。


(令和3年度入学生)

科目名学年単位数
先進科学系情報リテラシー1年
理科実験*12年
機械システム系情報リテラシー1年
機械システム工学実験実習Ⅱ3年
電気電子システム系情報リテラシー1年
電気電子システム工学実験実習Ⅱ3年
情報システム系情報リテラシー1年
情報システム工学実験実習Ⅱ3年

(*1:令和4年度より、先進科学実験実習Ⅰに科目名変更)

教育プログラム対象科目の学習内容と数理・データサイエンス・AIモデルカリキュラムとの対応

 数理・データサイエンス教育拠点コンソーシアムのモデルカリキュラム(リテラシーレベル)と、本校の教育プログラム(令和3年度の実績)の対応関係は、以下の通りです。

学習内容 授業科目 数理・データサイエンス
教育拠点コンソーシアム
のモデルカリキュラム
先進科学系機械
システム系
電気電子
システム系
情報
システム系
現在進行中の社会変化(第4次産業革命,Society 5.0,データ駆動型社会等)に深く寄与しているものであり、それが自らの生活と密接に結びついている 情報
リテラシー
情報
リテラシー
情報
リテラシー
情報
リテラシー
  • 【導入】
  • 1-1社会で起きている変化
  • 1-6データ・AI利活用の最新動向
  • 「社会で活用されているデータ」や「データの活用領域」は非常に広範囲であって、日常生活や社会の課題を解決する有用なツールになり得るもの 情報
    リテラシー
    情報
    リテラシー
    情報
    リテラシー
    情報
    リテラシー
  • 【導入】
  • 1-2社会で活用されているデータ
  • 1-3データ・AIの活用領域
  • 様々なデータ利活用の現場におけるデータ利活用事例が示され、様々な適用領域(流通、製造、金融、サービス、インフラ、公共、ヘルスケア等)の知見と組み合わせることで価値を創出するもの 情報
    リテラシー
    情報
    リテラシー
    情報
    リテラシー
    情報
    リテラシー
  • 【導入】
  • 1-4データ・AI利活用のための技術
  • 1-5データ・AI利活用の現場
  • 活用に当たっての様々な留意事項(ELSI、個人情報、データ倫理、AI社会原則等)を考慮し、情報セキュリティや情報漏洩等、データを守る上での留意事項への理解をする 情報
    リテラシー
    情報
    リテラシー
    情報
    リテラシー
    情報
    リテラシー
  • 【心得】
  • 3-1データ・AI利活用における留意事項
  • 3-2データを守る上での留意事項
  • 実データ・実課題(学術データ等を含む)を用いた演習など、社会での実例を題材として、「データを読む、説明する、扱う」といった数理・データサイエンス・AIの基本的な活用法に関するもの 理科実験*2機械システム工学実験実習Ⅱ電気電子システム工学実験実習Ⅱ情報システム工学実験実習Ⅱ
  • 【基礎】
  • 2-1データを読む
  • 2-2データを説明する
  • 2-3データを扱う
  • (*2:令和4年度より、先進科学実験実習Ⅰに科目名変更)

    自己点検・評価

    津山高専 令和3年度 数理・データサイエンス・AI教育プログラム自己点検評価

    申請書

    津山高専 数理・データサイエンス・AI教育プログラム認定制度(リテラシーレベル)申請書 (準備中)