お知らせ

重大ニュース(平成31/令和元年度)

第8回日韓機素潤滑設計生産国際会議で細谷准教授がベストポスターアワードを受賞

news 2019-04-26 Nihon ICMDT2019 Best Poster Award
 4月25日(木)から4月26日(金)にかけて、城山観光ホテル(鹿児島市)で開催された第8回日韓機素潤滑設計生産国際会議(ICMDT2019 (The 8th International Conference on Manufacturing, Machine Design andTribology)、主催:日本機械学会、共催:韓国機械学会(KSME))において、本校教員の細谷准教授(機械システム系)がポスターセッションで発表した"Flow Visualization on Fluidic Diodes and Tube Banks Using 2D-Time-SLIP MRI and 2D-PIV"が、Best Poster Award を受賞しました。
 ICMDT会議は、2年に1度、日韓交互に開催されている機素潤滑設計部門主催の国際会議で、機械要素・動力伝動・トライボロジー・設計・アクチュエータとセンサ・生産加工・MEMSなどの幅広いテーマを対象としています。
 講演はすべて英語で行われ、オーラルとポスターあわせておよそ300件の発表が行われました。
 細谷教員の受賞課題は、医療機関との共同研究として実施された医工連携研究の成果で、実験の多くは本校の学生が卒業研究や専攻科特別研究において実施されたものになります。