お知らせ

最近のできごと(平成30年12月)

12月13日・14日に津山信用金庫による講座が開催されました

Dekigoto 2018-12-13 Tsuyama Shinnyou Kinko Kouza
 12月13日(木)と14日(金)に、津山信用金庫地域創生部の方2名に来校いただき講演していただきました。
 初日に機械工学科と電子制御工学科、2日目に電気電子工学科と情報工学科の5年生計181名に対して、日本や作州地域の経済・人口・産業状況、中小企業の海外進出状況・進出先の様子などをお話しいただきました。
Dekigoto 2018-12-13 Tsuyama Shinnyou Kinko Kouza
 本講座は、津山信用金庫と本校との包括連携協定に基づいた事業の一環で、授業の一部として行われたものです。
 講演後のアンケートでは、地域や世界の経済に興味をもった学生もいたようです。

12月12日から「つやまロボコン」に参加するタイとシンガポールの学生および教員が来校しました

Dekigoto 2018-12-12 Tsuyama Robocon Sanka Gakusei & Kyouin Raikou
 12月12日(水)にはタイのプリンセスチュラポーンサイエンス高校の学生2名と教員1名が、12月13日(木)にはシンガポールのニーアンポリテクニックの学生6名と教員2名が、それぞれ来校しました。
Dekigoto 2018-12-12 Tsuyama Robocon Sanka Gakusei & Kyouin Raikou
 今回の目的は、12月16日(日)に開催される「第23回つやまロボットコンテスト」に参加するためのもので、タイは津山高専の学生と、シンガポールは新居浜高専の学生と合同チームを組んでの出場となります。
Dekigoto 2018-12-12 Tsuyama Robocon Sanka Gakusei & Kyouin Raikou
 12月13日(木)は、タイ学生は午前中本校の学生とロボット調整を行い、午後からは磯山校長へ挨拶に訪れ懇談しました。
 最上段は、懇談後に撮った集合写真です。
Dekigoto 2018-12-12 Tsuyama Robocon Sanka Gakusei & Kyouin Raikou
 12月14日(金)は、シンガポール学生および教員も加わって、午前中本校の英語授業で学生と交流し、その後化学実験教室に参加しました。
 2段目と3段目の写真は英語授業への、最下段は化学実験教室への参加のようすです。
 午後からは、メンバーの顔合わせを行い、津山市副市長訪問や観光を行う予定です。

12月11日に寮一斉清掃を実施しました

Dekigoto 2018-12-11 Ryou Issei Seisou
 12月11日(火)の16時から、寮一斉清掃を実施しました。
 12月22日(土)の閉寮を前に、新年から気持ちのいい寮生活が送られるよう、寮生会の清掃委員会が中心となって、寮生は各寮棟をていねいに掃除していました。

12月11日に「津山高専技術交流プラザ企業PR会」を開催しました

Dekigoto 2018-12-11 Tsuyama Kousen Gijutsu Kouryuu Pluza Kigyou PR-kai
 12月11日(火)に、津山高専の学生に地域企業の事業内容・製品・技術等を知ってもらうこと、また学生に将来を考えるきっかけを与えることを目的に、岡山県北をはじめ県下の製造業企業などで構成された津山高専技術交流プラザによる「津山高専技術交流プラザ企業PR会」が開催されました。
 企業PR会は今回で9回目となり、津山高専技術交流プラザ会員企業104社のうち、機械関係や電気関係・情報関係などの50社が出展しました。
Dekigoto 2018-12-11 Tsuyama Kousen Gijutsu Kouryuu Pluza Kigyou PR-kai
 各社は開設したブースで事業内容の説明のほか、それぞれが用意した製品や材料等の展示品や動画を用いて、各社が売りにしている物・技術等を紹介しました。
 会場となった第二体育館では、本科1年生や4年生および専攻科1年生を中心とした学生が、興味のある企業のブースへ行き、担当者からの説明を熱心に聞いていました。
 出展いただいた企業の方および関係者の皆さまに深くお礼申し上げます。

12月11日に専攻科「進路活動報告会」が実施されました

Dekigoto 2018-12-11 Shinro Katsudou Houkokukai
 12月11日(火)に、今年度の進路活動の状況を学び、次年度に向けて準備を始めるために、専攻科1年生を対象にして「進路活動報告会」を開きました。
 報告会では、専攻科2年生の永井知勇くん(機械・制御システム工学専攻)と内藤裕樹くん(電子・情報システム工学専攻)から、就職活動と大学院進学への取組について経験談を話してもらった後、小西専攻主任から最近の進路状況や来年度の進路活動スケジュールなどの説明がありました。
 この報告会は、専攻科が独自に開催するもので、津山高専専攻科の進路に係わる数値データや進路活動を終えたばかりの先輩の話を、これから進路活動を開始する1年生に紹介します。
 1年生は、いつも以上に真剣な面持ちで聴講していました。
 今後の進路活動に参考にし、優位に進めてくれることを期待します。

12月10日に合同研究発表会 in 台湾から帰国しました

Dekigoto 2018-12-10 Goudou Kenkyuu Happyoukai in Taiwan
 12月10日(月)に、本校の協定校である台湾の南栄科技大学で行われた「合同研究発表会 in 台湾」に参加した学生と引率教員が帰国しました。
 12月7日(金)に研究発表をおこなった後、8日(土)には現地の学生と台南市内のオリエンテーリングを行い交流を深めました。
 異文化に触れ、学生たちにとって、とても貴重な体験となったようです。
 今後もこの交流を続けて行ってもらえればと思います。
 最後に、今回の合同研究発表会に参加した学生の保護者の皆様をはじめ、引率していただいた他高専の教員の皆様、そして、南栄科技大学の先生方と学生に、心より感謝申し上げます。
 左は、参加者の集合写真です。

12月10日に専攻科の第4回先端技術特別講義が実施されました

Dekigoto 2018-12-10 Sentan Gijutsu Tokubetsu Kougi
 12月10日(月)に、専攻科の第4回先端技術特別講義が実施されました。

講義内容:
「SiC半導体デバイスによる最先端パワーエレクトロニクス技術」
 筑波大学 数理物質系 物理工学域   岡本 大 先生

 パワーエレクトロニクスの概要と、近年、新しい半導体材料であるシリコンカーバイド(SiC)を用いたパワー半導体デバイスについて、筑波大学で取り組まれている先端研究の紹介を交えて概説していただきました。
 当分野の研究に取り組んでいる学生以外にも理解できるように、ていねいでわかりやすく説明され、魅力的な研究であることが伝わりました。
 ご講演いただいた岡本先生に、お礼申し上げます。

12月9日に卓球部が第42回美作地区ダブルス卓球選手権大会に参加しました

Dekigoto 2018-12-09 Mimasaka Chiku Doubles Takkyuu Senshuken Taikai
 12月9日(日)に、津山市・総合体育館で津山卓球協会主催「第42回美作地区ダブルス卓球選手権大会」が開催されました。
 本校からは、卓球部の現役部員や顧問・OB・OG・保護者などの複数ペアが参加しました。
 本校関係の上位成績は、以下のとおりです。

○混合ダブルス
 ベスト16 影山壱成(総合理工学科2年先進科学系)・本校保護者
○一般男子ダブルス
 3位 大橋 仙明(施設係)・一般クラブ男子選手
 ベスト16 大塚敦仁(電子制御工学科4年)・大塚友仁(電気電子工学科4年)

 左の写真は混合ダブルスの試合のようすで、写真奥側が大塚友・平岡ペアです。

12月9日に化学実験ショー特別編「あなたの知らない水の世界」が開催されました

Dekigoto 2018-12-09 Kagaku Jikken Show Tokubetsuhen
 12月9日(日)11:00から12:00まで津山市の大田公会堂において、化学実験ショー特別編「あなたの知らない水の世界」が開催されました。
 指導は廣木一亮准教授(化学)、サポートは全系横断演習で化学に配属された電気電子システム系3年の学生2名です。

 この日のテーマは「水」です。
Dekigoto 2018-12-09 Kagaku Jikken Show Tokubetsuhen
 いつもは小学校4年生以上の化学実験ですが、「どうしても」という声にお応えして、今回は薬品を使わずに水をテーマにした実験教室にしました。
 もっとも身近な物質であり、生命の維持にも欠かせない「水」は、とても「異常な」物質なのです。

 密閉したお湯を氷水で冷やしても沸騰が続く「低圧沸騰」や、水蒸気を瞬間冷却して金属缶をつぶす実験などで大はしゃぎです。
Dekigoto 2018-12-09 Kagaku Jikken Show Tokubetsuhen
 ラストは、水素と酸素を混ぜて爆発させるという大技です。
 3、2、1、ドカン! 響き渡る轟音に一同、大興奮でした。

 一足早い化学のクリスマスプレゼント、どうやら楽しんでもらえたようです。

12月8日~12日にタイ-日本ゲームプログラミングハッカソン決勝に参加しました

Dekigoto 2018-12-08 Thailand-Japan Game Programming Hackathon
 12月8日(土)~12日(水)、広島国際プラザにおいて、タイの3チ-ムと日本の3チ-ムにより、タイ-日本ゲームプログラミングハッカソン決勝大会(JICA主催)が開催されました。
 この大会は、与えられた課題を2泊3日に渡って、マラソンのように、プログラミングに没頭し、アイデアや成果を競い合う開発イベントです。
 津山高専チーム(総合理工学科1年生の谷本くんと篠島くん)が、予選を勝ち抜いて参加しました。
Dekigoto 2018-12-08 Thailand-Japan Game Programming Hackathon
 惜しくも入賞はならなかったものの、その実力を示すとともに、タイ学生との交流にも積極的に取り組み、両国の友好促進に貢献しました。
 写真は、真剣にプログラミングを行う2人(上段)と、ウェルカムパーティで日本の文化を紹介する場面(下段)です。
 また、本校電子制御工学科4年のマンくん(タイからの留学生)が、開会式とウェルカムパーティの司会を英語とタイ語を交えて行ってくれました。

12月8日・9日に数学クラブの学生が高校生科学技術チャレンジJSEC2018の最終審査会に出場し受賞しました

Dekigoto 2018-12-08 JSEC2018
 数学クラブの圓山夏生くん(先進科学系3年)が、12月8日(土)・9日(日)に、日本科学未来館にて開催された高校生科学技術チャレンジJSEC2018の最終審査会に出場し受賞しました。

結果:優等賞
研究タイトル:群の作用で不変なグラフの閉曲面への埋め込みの研究

 残念ながら、本人の目標であったIntel ISEF(アメリカ大会)への切符を手にすることはできませんでした。
 しかし交流会で、発表も内容も非常に高いレベルであったと審査委員から聞かされました。
 今後は、圓山くんともに数学クラブの加田くん(先進科学系3年)も、来年のサイエンス・インカレ出場をめざします。
 そのために、それぞれの研究をさらに発展させていく計画です。

12月8日に5回目のジュニアドクター育成塾を実施しました

Dekigoto 2018-12-08 Jr.Dr. Ikuseijuku
 ジュニアドクター育成塾は、科学技術分野に高い意欲や突出した能力を持つ小中学生を発掘し、数理・情報分野の学習を通じてその能力を伸ばす体系的な取り組みです。
 12月8日(土)に実施した5回目は、「電気回路実験」をテーマに、LEDの点灯や無安定マルチバイブレータによる点滅で、トランジスタ・電気抵抗やキャパシタのはたらきを学びました。
 講師を電気電子システム系の西尾教授、TAを研究室の学生10名が務めました。

 後半は、「探求活動の進め方(4)」を、「風船の落下」を題材にグループ学習しました。
 段ボール板に重ねると、風船は板と同時に落下します。
Dekigoto 2018-12-08 Jr.Dr. Ikuseijuku
 その原因の究明を、「科学のやり方」にしたがってグループワークで取り組みました。
 いろんなアイデアや実験方法が提案され、活発に討議が行われました。

 写真は、それぞれ電気回路実験(上段)と風船落下の実験(下段)に取り組む受講生のようすです。
 次回は12月22日(土)に、津山洋学資料館・奈義ビカリア博物館を訪問します。

 本活動は、国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)の助成を受けて実施しています。

12月7日に学びのジャンクション第5回「生殖細胞の多能性獲得メカニズム」を開催しました

Dekigoto 2018-12-07 Manabi no Junction
 12月7日(金)に学びのジャンクション第5回として、九州大学の永松先生をお招きし、「生殖細胞の多能性獲得メカニズム:iPS細胞との比較も交えて」と題してご講演が行われました。
 まず、ご自身が研究者を志したきっかけとなった免疫研究との出会いを話され、関連して本年度ノーベル賞を獲得した本庶佑博士の「がん免疫療法」の研究を分かりやすく解説いただきました。
 さらに、博士時代に生殖細胞研究へと転換した経緯や、細胞の初期化をキーワードに2012年にノーベル賞を獲得した山中伸弥博士のiPS細胞の話題まで詳しく説明いただきました。
Dekigoto 2018-12-07 Manabi no Junction
 最後に、ご自身の研究成果として、生殖細胞の遺伝子を用いた新規のiPS細胞作成法も解説くださいました。

 クローン羊ドリーの名前が当時流行りのタレントから由来しているなど、専門家ならではのユニークにトークで終始和やかな雰囲気でした。
 講演後、学生や教員から多くの質問が投げかけられ、時間内に収まりきれないほど、暑い議論が行われました。

12月7日に平成31年度専攻科学力入試(後期)の合格発表を行いました

Dekigoto 2018-12-07 Senkouka Gakuryoku Senbatsu Shiken (Kouki) Gokukaku Happyou
 12月7日(金)午前9時に、平成31年度専攻科学力入試(後期)の合格発表を行いました。
 機械・制御システム工学専攻1名、電子・情報システム工学専攻2名が合格しました。
 今回の後期学力入試をもって、今年度における専攻科入学者選抜試験はすべて終了しました。

12月6日に入寮説明会が実施されました

Dekigoto 2018-12-06 Nyuuryou Setsumeikai
 12月6日(木)に、来年度入寮希望者のための入寮説明会が実施されました。
 本校北辰寮の入寮期間は1年間となりますので、毎年入寮選考が行われます。
 説明会では、来年度入寮のための手続き方法や入寮の条件などが説明され、また、今年度の生活態度が密接に入寮に関わってくるため、普段からまじめに生活をするようにとの注意がされました。

12月6日に津山市立高野小学校にて「びっくり極低温実験」の出前授業をしてきました

Dekigoto 2018-12-06 Dmae Jugyou
 12月6日(木)に、津山市立高野小学校にて「びっくり極低温実験」の出前授業をしてきました。
 液体窒素に風船を漬けたり、原田研究室の学生が作製した超伝導体が磁石の上に浮上するようすを見るなどして、低温の不思議な現象にびっくりしていました。
 特に液体窒素で凍らせたマシュマロは、食感が良く大好評でした。
 また、液体窒素を体育館の床に転がし、走るのが自慢の児童が一生懸命に追いかけましたが、液体窒素が蒸発する速さには追いつくことができませんでした。
 写真はその様子です。

12月6日に合同研究発表会 in 台湾へ出発しました

Dekigoto 2018-12-06 Goudou Kenkyuu Happyoukai in Taiwan
 12月6日(木)に、本校の協定校である台湾の南栄科技大学でおこなわれる合同研究発表会に参加する学生と引率教員が出発しました。
 本年度は、米子高専から3名、広島商船から1名、津山高専から2名の学生と引率教員をあわせ10名が参加しています。
 学生は、英語でのプレゼンテーションをおこなうため少し緊張している様子も見受けられましたが、発表会のみならず、現地の学生との交流を通して充実した研修を送ってくれることと期待しています。
 帰国予定は12月10日(月)です。

 写真は、関西空港で米子高専と合流した様子です。

12月5日にタイ科学技術研修参加学生の発表練習を行いました

Dekigoto 2018-12-05 Happyou Renshuu
 12月5日(水)に、タイ王国プリンセスチュラポンサイエンスハイスクール科学技術研修に参加する学生5名に対する第3回事前学習を開催しました。
 12月にタイ王国にて実施予定の本研修では、英語による研究発表・実験教室の補助を行うことになっており、研修担当教員・研究指導教員らによる発表練習の指導などが行われました。
 学生たちは、先生からの熱心な指導を受けながら、英語での発表を練習しました。

 写真は英語の発表について、指導を受けているようすです。

12月5日に交換寮生報告会が開催されました

Dekigoto 2018-12-05 Koukan Ryousei Houkokukai
 12月5日(水)に、交換寮生報告会が開催されました。
 今年度は、本校より2名の寮生が阿南高専の明正寮に交換寮生として派遣され、寮生活や学校生活を体験してきました。
 発表ではおもに寮生活にスポットが当てられ、本校北辰寮と明正寮の規律や食事の違い、生活環境などについて報告がされました。
 参加者の1・2年生は、自分たちの生活との違いに驚いたりしながら、報告を熱心に聞いていました。

12月4日に第2回就職ガイダンスを開催しました

Dekigoto 2018-12-04 Shuushoku Guidance
 12月4日(火)に、3~4年生と専攻科1年生を対象に、第2回就職ガイダンスを開催しました。
 今回は、株式会社マイナビの加藤光枝氏から、就活直前対策講座として、エントリーシートの書き方と面接対策について、前回(10月開催)のガイダンスより実践的な内容の講演をしていただきました。
 今回のガイダンスで重点的に講演いただいた志望動機と自己PRのポイントを掴んで、就職活動に役立ててくれることを期待しています。

12月3日に平成31年度専攻科学力選抜試験(後期)を実施しました

Dekigoto 2018-12-03 Senkouka Gakuryoku Senbatsu Shiken (Kouki)
 12月3日(月)に、平成31年度専攻科学力選抜試験(後期)を実施しました。
 受検者は、機械・制御システム工学専攻7名、電子・情報システム工学専攻4名でした。
 この後、12月7日(金)に合格発表が行われます。

12月3日にシンガポールからの短期留学生が生活・交通安全について学習しました

Dekigoto 2018-12-03 Singapore Tanki Ryuugakusei
 12月3日(月)に、シンガポール ニーアンポリテクニックから来ている短期留学生2名が、津山警察署の方から生活安全と交通安全について説明を受けました。
 英語の生活安全マニュアルを見ながら、日本での防犯や交通事故、自然災害等への注意事項を説明していただき、実習生は真剣なまなざしで聞き入っていました。
 写真は説明を受けているようすです。
 説明の後は実際に自転車に乗って、日本で自転車に乗るときの注意点について教えていただきました。

 今回、このような場を設けていただいた津山警察署の皆様にお礼申し上げます。

12月1日に公開講座「天体観測会―君も未来のガリレオだ!―」第4回が開催されました

Dekigoto 2018-12-01 Tentai Kansokukai
 12月1日(土)13:30から15:30まで、天体観測会の第4回「分光器を作ろう、太陽望遠鏡をのぞいてみよう」が、管理棟3階合併教室と屋上にて開催されました。
 受講生19名と保護者などを含む36名が参加し、2年と3年の佐々井研究室学生9名が補助学生を務めました。

 最初に屋上で、口径4cm Hα太陽望遠鏡、減光フィルターを付けた双眼鏡、太陽メガネで、太陽を見てもらいました。
 太陽活動が極小期のため、あいにく黒点がありませんでしたが、太陽望遠鏡ではHα線を通して、プロミネンスや太陽表面の観察に挑戦しました(左の写真)。
Dekigoto 2018-12-01 Tentai Kansokukai
 次に3階合併教室に戻り、グレーティングシート(回折格子)を使った簡易分光器の紙工作に取り組みました。
 工作用紙から部品をハサミで切り出し、グレーティングシートを貼り付け、組み立てていきました。
 保護者や補助学生に協力してもらいながら、受講生は約1時間の熱心な工作(左の写真)の後、マイ分光器を完成することができました。
 太陽光・蛍光灯・白熱電球・LEDライト・水銀灯などの光を(プリズムのように)分光して、スペクトルを観察しました。
Dekigoto 2018-12-01 Tentai Kansokukai
 さらに、蛍光灯の赤色・緑色・青色の波長を調べました。
 いろいろな発見がありました。

 左の写真は、完成した簡易分光器と撮影した太陽のスペクトルです。
 熱心に受講くださった参加者の皆さんに、お礼を申し上げます。