学校概要

学校長挨拶

校長 磯山武司

校長 磯山武司

 津山工業高等専門学校(津山高専)は、実践的かつ創造的な技術者を養成する高等教育機関として、1963年に創設されました。豊かな自然と落ち着いた環境のもとで学び、卒業した学生は7,000名を超え、産業界や地域社会の様々な分野で活躍し、高い評価を得ています。中学校卒業者を対象とした5年間の一貫教育において、通常の講義に加え、実験や実習を重視した教育カリキュラムを特色としており、一般教養と専門科目をバランスよく効率的に学ぶことができます。

 津山高専では、確かな基礎科学を基盤とした高い専門性を身につけるとともに、分野横断的な融合力を備え、複雑・多様化する科学技術に対して具体的な課題の探求と解決策を提示でき、かつ人間や環境に対してグローバルな視点を有する人間性豊かな人材を育成することを目指しています。本校は、平成28年度から、既存の専門分野である機械、電気電子、電子制御、情報工学科に生物・化学を含む基礎科学分野を追加して一つの学科「総合理工学科」へ再編・統合しました。異分野融合力とその基盤となる基礎科学をしっかりと学ぶことのできる学科です。これにより、卒業生の活躍の場が大きく拡がることが期待されます。

 5年制の本科「総合理工学科」の入学定員は160名、2年制の専攻科に機械・制御システム工学専攻と電子・情報システム工学専攻の2専攻があり、入学定員は各専攻8名です。本科卒業後は準学士の称号、専攻科修了後は大学と同じ「学士」の学位が授与されます。また、本科卒業後の一般大学への編入学、専攻科修了後の大学院への進学など多様な進路を選択することができます。

 本校は現在、中国・四国地区高専の国際交流教育を推進する拠点校として、日本人学生の海外派遣や海外学生の受入れなど、海外の協定大学と連携した国際的な研修やグローバル教育に取り組んでいます。さらに、企業等と協力した産学官連携教育、課外活動を通した教養教育、ロボコンを始めとする様々なコンテストへの参加、国内外の学会等での研究発表など、これからの科学技術を担う実践的・創造的技術者としての資質を養うための取組を推進しています。本校の技術者教育プログラムは、日本技術者教育認定機構(JABEE)の審査に合格しており、世界標準を満たしていることが認定されています。

 AI、ICTを始めとする科学技術は今後ますます発達してきます。そのような時代であっても、高専でしっかりと学ぶことで、確かな学力、技術力、創造性を備えた優れた人材として、活躍して欲しいと願っています。

 今後とも、本校の教育研究活動に対してご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。